こんな点に注意しよう

男性

気をつけておきたい事

個人再生は借金問題に困った際に検討しておきたいところです。個人再生を利用することによって借金額がかなり多くとも借金を一気に減らしていく事が可能となります。借金額を半分以上に減らすということも場合によっては可能となりますから、借金が収入以上に膨れ上がったらはyために個人再生しておきましょう。とはいえ、個人再生も万能というわけではありません。個人再生にもいろいろとデメリットがありますが、こうしたことは弁護士事務所ではあまり教えてくれないので事前に確認しておきましょう。例えば、デメリットの一つが「個人再生には利用条件が結構ある」ということです。具体的には個人再生は仕事をしていて定期的な収入がないと利用不可です。アルバイトなどのように収入が不定期だと利用できない債務整理方法なのが個人再生になっています。他にも、個人再生はかなりコストがかかることもデメリットでしょう。コストとしては個人再生が終わる前に40万円近くかかってきます。これだけの費用をまかなえるという負債者はそこまで多くありません。かなり手続きに時間がかかることもデメリットです。完全に手続きが終わるまでに長い場合には半年近くかかることもあります。この間は何度も裁判所を訪れないといけませんから仕事に支障が出ることもあります。これだけの時間を欠けても必ず成功するとは限らないことも気をつけておきたいところです。このようにデメリットが多いですから慎重に利用しましょう。