債務整理にもリスクがある

電卓

適したものを選ぶ

債務整理は借金問題を法的に解決するための手段のことですが、債務整理でも自己破産を除けば一定のリスクがあります。自己破産の場合にはすべての債務を免責することができますが、ほとんどの財産を失うことになります。もちろん、財産や収入を見て、明らかに債務が多く返済が不能となっていれば自己破産しか選択肢はありませんが、そうではないケースで利用されるのが個人再生や任意整理です。特に任意整理では間に合わないほどの借金の状況であれば、個人再生となりますが、個人再生にもデメリットが多くあり、内容を理解した上で行う必要があります。個人再生のデメリットとしては、条件を満たしていることです。条件としては将来的に継続的な収入があることと借金の総額が5000万円以下でなければなりません。つまり将来的な収入が確保できない場合には利用できません。また手続きには膨大な資料が必要です。そもそも個人再生では裁判所に申し立て個人再生計画案を提出して裁判所に認められる必要があり、このために資料が必要です。また自己破産と違って専門家への依頼が必須となるのも大きなデメリットで、債務整理の中では費用がもっとも多く掛かります。一方で個人再生のメリットとしては、住宅ローンがある場合には住宅ローンを別扱いにすることができ、家を手放さずに済むことがあります。これが最大のメリットですが、それを除けば個人再生のデメリットが多く将来的なことも考えた上で選択しなければなりません。