精神的な負担もある

女性

どのような注意点がある

個人再生をすることによって借金額を大幅に削減することができるようになります。個人再生は借金で悩んでいるならば是非とも検討しておきたいところです。とはいえ、個人再生はデメリットもけっこうある債務整理方法です。例えば、個人再生をすることで精神的な負担が生じることも。個人再生では債権会社の担当者と顔を合わせて再生計画について話し合わないといけないこともありますが、こうしたことはかなりストレスのかかるもの。弁護士事務所によっては完全にこうした交渉を任せられることもありますから、もしも債権会社の担当者と顔を合わせるのが嫌な場合には完全に代行してもらえる弁護士事務所に依頼するようにしましょう。他のデメリットとして個人再生をすることでお金が借りれなくなります。個人再生をすると信用情報機関に登録されますからクレジットカードなどが一切作れなくなるのです。こうしたデメリットは知らない人もいるので気をつけておきましょう。もちろん、住宅ローンなども借りれなくなります。信用情報機関に登録されるだけでなく、官報などに名前が乗ることもデメリットでしょう。これによって知り合いなどに債務整理をしたことが知られる可能性があります。会社に債務整理をしたことが知られて解雇や降格の原因になることもこのように気をつけておきたい事が多いですが、やはり債務整理をして借金額を大幅に減らせる個人再生ならではのメリットは強調してもしすぎることはありません。