どんな不具合があるのか

男性

よく知ってから依頼しよう

個人再生は自己破産についで強力な債務整理の方法です。自己破産のように借金がすべて帳消しになるわけではありませんが、個人再生をすることによって借金の大半が削減してもらえる可能性があります。加えて、返済も数年単位でしていけるのも利点でしょう。このように個人再生は利点が多いですが、デメリットについても気をつけておかないといけません。例えば、個人再生をすることによって住宅を失う危険性があります。住宅保険を個人再生によって整理する場合には交渉によっては自宅を整理しないといけないことがあるのです。これを避けるためには任意整理などの方法を検討しないといけません。他にも、個人再生のデメリットとして気をつけておきたいのがその手続きにかかる手間についてです。個人再生をそもそも申し込むのには弁護士事務所の担当者としっかり相談してじっくりと申込書を作成しないといけません。他にも、デメリットなのが個人再生によって借金をしていることが周囲に知られることがあるということです。このデメリットのために他の債務整理方法を検討する人も少なくありません。この債務整理方法を利用することで官報に名前が乗ってしまいますし、裁判所から送られてくる郵便物によって借金をしていることが家族などにバレるということもあります。このようにデメリットがかなり多いですから、個人再生をする際には弁護士事務所の担当者とじっくり話し合っておく事が大事でしょう。