男性

こんな点に注意しよう

個人再生を利用する際にはそのデメリットについて気をつけておきましょう。例えば、個人再生は完了するまでに時間がかかりますし、コストも結構かかります。他に利用できる人が限られてくることも注意しておきたいところです。

男性

どんな不具合があるのか

個人再生は良いことばかりではありません。デメリットもいろいろありますが、個人再生をすることによっていろいろな人に借金をしていることが知られることがあるのです。他にも、個人再生はかなり手間もかかることもデメリットです。

電卓

債務整理にもリスクがある

債務整理にはいくつかの種類がありますが、その中でも個人再生はメリットとデメリットが多い方法です。このため個人再生を選ぶさいには自身の状況を考えてメリットとデメリットを考慮して選択する必要があるものです。

女性

精神的な負担もある

個人再生をすることでいろいろなデメリットがあります。例えば、個人再生をすることでクレジットカードなどが作れなくなります。他にも、個人再生をすることで精神的な苦痛が生じることもあることには気をつけておきたいところです。

ジャッジガベル

失敗することもある

個人再生にはいろいろなデメリットがあります。例えば、個人再生をしても成功するとは限らないことについて十分に理解しておく事が大事です。そもそも申し込みをしても認可されないこともあります。他に、弁護士事務との関係が悪くなることもあります。

今の暮らしが続く解決方法

バッジ

手続きは煩雑だが大丈夫

毎月の借金返済が重く、首が回らない。借金のせいで、普通の生活さえ困難になった。そんな悩みを抱えている方は、個人再生を申し立てましょう。債務整理の1つである個人再生は、大きなデメリットなしで債務額を大幅に減額できます。おおよそ5分の1から10分の1まで借金が減るため、毎月の返済が非常に楽になります。個人再生とは、裁判所を通じて債務額を減額する方法です。任意整理とは異なり、債権者と交渉する必要はありません。また、自己破産とは異なり、資産を処分する必要がありません。安定した収入があることが前提になりますが、デメリットというデメリットがないのが大きな特徴です。また、住宅ローンを抱えている方に、最適な債務整理でもあります。個人再生には、住宅ローン特則があります。この特則を利用することで、減額する債務額から住宅ローンを除外できます。住宅ローンの残債務は減額されませんが、その代わりにマイホームを処分する必要がありません。それでいながら、クレジットカードや消費者金融の債務額は減額されるため、住宅ローンの返済が大きく楽になります。現在の暮らしはそのまま維持でき、お子さんがいる家庭も利用しやすいのが個人再生の魅力です。ただ、個人再生の裁判所への申し立ては、非常に煩雑な手続きです。この煩雑さが、唯一のデメリットと言えます。しかし、弁護士や司法書士に相談することで、手続きを代行してくれます。借金相談は無料でできるため、まずは最寄りの弁護士や司法書士事務所を訪れましょう。予約をしておくことで、土日や夜間でも相談が可能です。